blog.florista-asaki

Florista Asaki Today's Lesson
 
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
  • 長いようで短かった介護生活が終わりました。ありがとうございました。
    Florista Asaki (09/10)
  • 長いようで短かった介護生活が終わりました。ありがとうございました。
    ほずみ (09/07)
  • お世話になった方へ哀悼! 新池圓さんを偲ぶ。
    フロリスタあさ木 (02/16)
  • お世話になった方へ哀悼! 新池圓さんを偲ぶ。
    KIN (02/12)
  • お世話になった方へ哀悼! 新池圓さんを偲ぶ。
    SEKI (02/12)
  • アドバンスレッスン 感動もののドライアレンジ?!
    Florista Asaki (10/08)
  • アドバンスレッスン 感動もののドライアレンジ?!
    SEK (10/04)
  • パナソニック社内報にフロリスタあさ木が?!
    Florista Asaki (08/08)
  • パナソニック社内報にフロリスタあさ木が?!
    Itoi (08/05)
  • 日曜 基本レッスン プリザーブドアレンジメント
    Florista Asaki (11/12)
RE-TRACKBACK
OTHERS
0
    ドライフラワー ブーケの贈り物!

     

     

    ドライフラワーでつくったものをプレゼントしたいとご来店された

    お客さん。。。。。

     

    最初は、スワッグにしようかと迷われてましたが。。。。

    プレゼントとして手渡すには、ブーケのほうがいいようでした。。。

    スモークツリーのドライをいれてというご希望で可愛らしく???

    ブーケをお作りしました!!

     

    by 剛

    | ドライフラワー | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      麦のドライアレンジメント?!

        

       

      ドライフラワーの麦でアレンジメントを作ってほしいというお客さん

      からのリクエスト。。。。

       

      そういえば、お正月のアレンジメントで、生の麦を使ってアレンジ

      をつくることは良くあったのですが。。。。

       

      横長の白い花器に、グリーンを敷いて、パラレルで麦そして

      ドライのシンフォリで作ってみました?!

      そして、ドライのブーケも二つ(こちらは写真撮り忘れ)も。。

       

      ありがとうございました。

       

      きのうはフェスティバルホール、JUJUさんへスタンド花を;

       

         JUJUさんへスタンド花!

       

      by 剛

      | ドライフラワー | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        ドライブーケ 開店御祝に?!

         

        開店御祝にご注文されたドライフラワーでおつくりしたブーケ!!

        ありがとうございました。

         

        母の日が終わっても、きょうは、カーネーションありませんかとか、

        アジサイありませんかっていうお客さんたちが。。。。

        カーネーション、アジサイともにきのう完売のため、他のお花での対応に。。。

        きょうも母の日のアレンジメントを発送したりしています。

         

        これから御供のアレンジメントをお届けして、

        明日のお花の準備を。。。

         

         

        by 剛

         

         

        | ドライフラワー | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          ちょっと肌寒い?!
            

          台風が過ぎ去ってしまった後、なんだか今日はちょっと肌寒い?!
          長袖シャツの下に、もう一枚なにか着こまないと。。。。。
          これで、秋がより深まってくるのでしょうか?

          お店のなかは、ハロウィンのかぼちゃがあったり、枯葉やドライと
          いった季節を感じるものたちが、、、、
          そういえば、さっきいらしたお客さんは、ドライのアジサイにするのか
          生のアジサイにするのかちょっと悩まれてました。
          リースの材料に使われるのでしょうか??

          きょうのフラワーデリバリーのお花にはアマランサスを使ってみました ;

           

          クリニックさんの受付におかれるアレンジメントです。


          それでは。
          by 剛

           
          | ドライフラワー | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            ドライ そして枯れたもの。。。
             先日ドライの植物をお買いもとめになられたかたが、そのドライたちを陸前高田に
            おくりたいんですが。。。。ということがありました。
            えっ あの震災の街?? 大変なところにいかれるんですね!
            その街のご自宅(仮設住宅)に、飾られるようです。

            お若いかたたちがけっこう、ドライになった植物をおもとめになることが
            多いようです。

              
                <ドライのホールアジサイ、ドライの実など。。。。>


                
                   <パーシャッルドライ。。。>

             生花や生きている植物とくらべると、ビビッド感はないのですが、
            そういった若い時代をすぎてアンティーク感というか、ちょっとふるびた
            感じにひかれているのかもしれませんね。

             そういった感覚というのは大切なことかもしれません。
            この世の中は、若い生き生きとしたきれいなものばかりではなく、
            それとは反対の様相があるのも事実ですよね。
             そういったビビッドな春や夏の逆様相である、秋や冬のような
            ドライ感覚を受け入れ楽しむことができれば、より一層、
            春、夏のビビッドな様相が鮮明に写り、楽しめるというものです。

             そういった伝統を日本という国はもちあわせており、北山文化
            そして東山文化がその2相の対照(金閣寺vs銀閣寺)と。。。。?
            昔歴史で勉強したような?ことを思い出してしまいます。

            しかし、そういった心はヨーロッパの人たちももっていたということを
            欧州を旅行していて思ったことがありました。 それはこちら

              
                 <寒さで葉っぱをおとしたゴムの木>

             この寒さで、葉っぱが黄色、茶色になり、茎が緑のところで、枝を
            カットしたゴムの木なんですが、寒さを耐え忍んでいるようです。
            こんな耐え忍ぶ冬の時代を見ていると、春にかけて新芽をふき、
            新緑をだしてきたときの、その美しさ綺麗さというものは、
            一層のものがあるようです。

             冬の厳しい時代も楽しめる心は、春からの季節の楽しさを倍増
            させてくれそうです。
             なにか人生もおなじような??。。。そんなことを感じてしまいます。
            そう、枯れたり元気がなかったりするもの(こと)を、悪いこととして
            とらえるのではなく、それもありだと受け入れて肯定してあげる。。。
            大切なことだと思います。

            昨年から両親の介護をしていてそんなことを考えるように。。。


            それでは。
            by 剛。


            | ドライフラワー | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |